オンラインキャバクラとは?仕組みや料金システムを徹底解説

オンラインキャバクラとは

オンラインキャバクラとは

オンラインキャバクラとは、スマホのビデオ通話を使ってキャバクラのキャストと会話を楽しむ新業態です。

キャバ嬢と男性客がライブ配信で繋がり、自宅でお酒を飲みながらまるで本当のキャバクラにいるかのような楽しい時間を過ごすことができます。

Zoomというウェブ会議、オンラインミーティングのサービスを使うことも多いことから、Zoomキャバクラ、ズムキャバと呼ばれることもあります。

昨今、オンライン飲み会、オンライン宅飲みという言葉が登場し、友人同士でお酒を飲みながらライブでおしゃべりを楽しむ文化が生まれました。

オンラインキャバクラは、そんなオンライン飲み会、オンライン宅飲みの発展と共に登場した、新しい大人の遊びの一つと言えます。

オンラインキャバクラは、今まさに黎明期と言えます。

この記事では、そんなまったく新しい業態であるオンラインキャバクラとは一体なんなのか、まったくの初心者からプロのキャバクラ経営者まで必ず知っておいて欲しいことをまとめました。

オンラインキャバクラを楽しむ人も、オンラインキャバクラを経営したい人も、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

オンラインキャバクラが登場した背景

2020年4月7日、安倍内閣総理大臣が、新型コロナウイルス感染症対策に伴う緊急事態宣言を発令したことは、記憶に新しいかと思います。

もちろん、これは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に急速に広がったことを受けた措置で、それにより、都道府県知事は住民に不要不急の外出を自粛を要請するとともに、飲食店などの営業時間の短縮も要請しました。

その結果、クラスター(感染者集団)発生への危機感から、キャバクラやガールズバーといった業態は真っ先に休業へと追い込まれたのです。

外出自粛の呼びかけが続く中、新たな社会問題も浮かび上がってきました。

それが、いわゆる「コロナ疲れ」です。

外出自粛に協力し自宅に留まっている人はもちろん、自主休業によって出勤することができなくなったキャバクラのキャストもまた、リストラや生活費すら稼げないといった不安に包まれていったのです。

社会全体にそんな自粛ムードが漂う中、新しい動きも見えてきました。

それが、キャバクラやガールズバーといった業態を応援しようとする動きや、なんとか立て直そうと知恵を絞る動きでした。

それが目に見える形となったのが、まさにオンラインキャバクラなのです。

オンラインキャバクラの注意点

夜のお店であるキャバクラを、手元のスマホから楽しめるようになったことで、これまでにキャバクラに通ったことがない人も興味を持っていることでしょう。

しかし、一つだけ知っておいて欲しいことがあります。

キャバクラやガールズバーは、一方的に男性客が楽しむ場ではなく、キャストと一緒に有意義な時間を過ごす場なのです。

当然のことながら、そこにはマナーやルールが存在します。

相手が自分の目の前にいないからといって、暴言や露出といったセクハラ行為をするのは問題外で、例えばビデオ通話の画面を撮影、録画するような行為も、きちんと女の子やお店に確認を取るようにしてください。

繰り返しになりますが、キャバクラは大人の社交場なのです。

オンラインキャバクラの仕組み

自宅にいながらキャバクラを楽しめる

オンラインキャバクラは、ビデオ通話を使って、離れた場所にいる女の子と会話を楽しみます。

ビデオ通話と聞くと、LINEのビデオ通話やスカイプを想像する人も多いと思います。

まさにそれを使うのです。

また、Zoomというウェブ会議、オンラインミーティングのサービスを使うオンラインキャバクラも増えてきました。

男性客もキャバ嬢も自宅からライブ配信をするのが基本のオンラインキャバクラの場合、どうしても、その配信映像は生活感のあるものになりがちです。

自宅からライブ配信する場合、生活感丸出しの背景がカメラに映り込んでしまうからです。

そこで、Zoomには、背景を自由に変えることができる「バーチャル背景」という機能があり、まるで本物のキャバクラの店内にいるかのような、リアルな背景を用意しているキャバクラも出てきています。

キャストは本物のキャバ嬢

オンラインキャバクラのキャストは、基本的に、実際のキャバクラ店舗に在籍している現役のキャバ嬢です。

実はそこがミソです。

その昔、男性客と一般女性がテレビ電話で会話を楽しむ「ライブチャット」と呼ばれるサービスが一世を風靡し、今でも根強いファンに人気です。

しかし、そのライブチャットにいる女性、すなわち「チャットレディ」や「パフォーマー」はあくまでも一般の女子大生や主婦でしかないのです。

オンラインキャバクラの女の子は、基本的に現役のキャバ嬢です。

さらに驚きなのは、そこにもはや地域格差がないということです。

オンラインキャバクラは、ビデオ通話を介した会話であるため、もはや距離は関係ありません。

つまり、北海道から沖縄まで、地方にいる男性が東京・六本木の高級クラブのナンバーワンのキャバ嬢とおしゃべりすることもできますし、逆に、東京にいる男性が地方の美女を発掘しておしゃべりを楽しむことができるのです。

これは、一昔前までは考えられなかったことです。

まさに、夜の世界の奇跡と言えるでしょう。

人気のキャバ嬢を独占できる

実際の店舗の場合、気に入った子と会話を楽しんでいても、他の男性客から指名が入ってしまうと、その女の子は中座してしまいます。

しかし、オンラインキャバクラの場合は、基本的にその仕組みがありません。

お気に入りの子を指名してしまえば、その子を独占できるのです。

人気キャバ嬢を自分一人で独占し、しかもその子の自宅から1対1で繋がるのですから、ドキドキするのは間違いありません。

本来であれば、高いお金を払ってもほんの少ししか会話ができないような、人気のキャバ嬢をお得に独占できるのも、オンラインキャバクラの魅力の一つと言えます。

オンラインキャバクラを楽しむ流れ

アプリをダウンロードする

オンラインキャバクラは、基本的に、スマホさえ持っていれば誰でもすぐに始められます。

オンラインキャバクラの店舗によって多少の違いはありますが、LINEやスカイプ、そしてZoomを使うのが一般的なので、まずは自分のスマホにそれらのアプリをダウンロードしたり、会員登録を済ませます。

オンラインキャバクラを楽しむために、それ以外に特別な準備はまったく必要ありません。

チャージ・決済する

オンラインキャバクラは、基本的に前払い制です。

LINE Payやクレジットカードによって、事前にオンラインで料金を払います。

スマホの準備をし、料金を決済すれば、いよいよキャバクラを楽しむ準備が整います。

予約・指名する

実際のキャバクラへ足を運ぶ場合、初めて行くお店であれば、その日出勤している女の子が次々とやってきます。

オンラインキャバクラの場合は、出勤している女の子の一覧を見ることができるので、その中から好みの子を選ぶことになり、場合によっては予約をして都合のいい時間帯を押さえておける店舗もあります。

店舗と違って、ある意味で最初から指名をすることになるのです。

実店舗とオンラインでは、そこがちょっと違います。

しかし、好みの子を指名すれば、後は1対1のプライベートなビデオ通話の空間で、好きなだけ会話を楽しんでください。

オンラインキャバクラの料金システム

セット料金

オンラインキャバクラの料金システムは、実際のキャバクラと同じです。

例えば、1セット2,000円~4,000円とセット料金が決まっており、オンラインキャバクラの場合、1セットは30分や60分が主流です。

オンラインキャバクラは、そのセット料金だけで十分に楽しむことができます。

(もちろん、会話中に自分で楽しむお酒は用意してくださいね。)

シンプルな明瞭会計で、安心ですね。

オプション料金

オンラインキャバクラを楽しむ際、セット料金の他に必要となるのが、オプション料金です。

オプションとしては、指名料が挙げられます。

オンラインキャバクラの場合、その指名料も安く、500円程度に設定されているのがほとんどです。

キャバクラ店舗との違い

ここまで読んでいただければ既にお気付きのように、オンラインキャバクラは、とても安いのが特徴です。

もちろん、実店舗を使っておらず、ビデオ通話で完結しているからコストを抑えられるとも言えます。

しかし、それを加味しても、とても良心的な料金設定であると言えるでしょう。

繰り返しになりますが、オンラインキャバクラの女の子は、実店舗に在籍する同じキャバ嬢です。

それなのに、実店舗の1/3~1/2程度の料金で遊べるのが、オンラインキャバクラの大きな魅力の一つと言えるでしょう。

一歩進んだ楽しみ方

キャストに会いに店舗へ行く

ここまでご紹介してきたように、スマホ一つあれば、オンラインキャバクラを今すぐ楽しめます。

キャバクラ初体験の人も、何度も足を運んだことのある常連の人も、オンラインという新しい場で楽しむキャバクラは新鮮で楽しめるものになるでしょう。

しかし、ここで大切なことを思い出してください。

オンラインキャバクラが「キャバクラ」である理由は、キャストが現役のキャバ嬢であるという点なのです。

せっかく実店舗に在籍しているキャバ嬢と知り合えるのですから、何度もオンラインで会話を楽しみ仲良くなったら、その子が在籍する店舗へ足を運んでみるというのも粋な楽しみ方と言えます。

かつて、「会いに行けるアイドル」として一世を風靡したAKB48ですが、まさに会いに行けるキャバ嬢と、オンラインのビデオ通話で1対1で繋がってしまうのがオンラインキャバクラの魅力と言えます。

みんなで一緒に楽しむ

オンラインキャバクラは、男性客とキャストが、1対1でビデオ通話をするのが基本です。

しかし、店舗によっては、1対複数や、複数対複数のビデオ通話に対応しているケースも増えてきました。

まさに、Zoomに代表されるような、ウェブ会議やオンラインミーティングの仕組みによって、例えば男性客2人とキャスト2人というような組み合わせでも楽しめるのです。

まるで、会社の同僚や友人と一緒に、キャバクラへ飲みに行くのと同じ感覚ですね。

実店舗と同様に、オンラインキャバクラでもきちんと領収書を発行してもらえます。

近い将来、オンラインキャバクラを接待の場として楽しむ使い方も当たり前になるでしょう。

お気に入りのキャストに贈り物をする

これまでご紹介してきたように、オンラインキャバクラのセット料金は、店舗と比較しても非常に安いのが特徴です。

キャバクラで遊んだことのある人なら、安すぎるのではないかと心配になってしまう人も多いことでしょう。

繰り返しになりますが、いくらオンラインと言っても、相手は本物のキャバクラ嬢なのですから。

そこで、お気に入りの子が見つかったら、ぜひ贈り物をすると喜ばれるでしょう。

贈り物といってもオンラインキャバクラは対面のサービスではないので、その贈り物もオンラインになります。

例えば、500円~1,000円程度の「チップ」が用意されている店舗もあるので、そうしたチケットをスマホから購入し、女の子に送ってあげれば大変喜ばれます。

気持ちに余裕のある紳士の方は、ぜひチップをたくさんプレゼントしてあげてください。

おわりに

オンラインキャバクラは新しい大人の遊び

ここまでご紹介してきたように、オンラインキャバクラは、これまでにはなかった新しい大人の遊び場と言えます。

昔から存在したキャバクラやガールズバーという形態に、スマホやライブ配信といったテクノロジーが加わり進化したのです。

かつて、「ライブチャット」と呼ばれるサービスでチャットレディとの会話をオンラインで楽しんだことのある男性でも、オンラインキャバクラは新鮮に楽しめるでしょう。

そして、実際にキャバクラへ通っていた男性でも、オンラインキャバクラは新鮮に楽しめるはずです。

さらに言えば、ライブチャットもキャバクラも未経験の男性だって、オンラインキャバクラは新鮮に楽しめます。

たった2,000円~4,000円程度で、スマホ一つあれば今すぐ楽しめるのですから、まずは試しに覗いてみれば世界が一気に広がるでしょう。

オンラインキャバクラの課題

ここまでご紹介してきたように、オンラインキャバクラは簡単に、安い料金で、大人の世界を楽しむことができる新しいサービスです。

しかし、新しいサービスだからこそ、課題も存在します。

オンラインキャバクラが「オンライン」であるが故に、どうしても乗り越えられない壁が、肌と肌の接触です。

もちろん、基本的にキャバクラはお触り禁止です。

しかし、実際に女の子と会話をする中で、膝や肩が触れ合う瞬間は、キャバクラ遊びの一つの醍醐味とも言えるでしょう。

また、お気に入りの子と会話を楽しんだ後に、アフターに誘えないという課題もあります。

このように、どうしても肌と肌との接触は難しいですし、アフターを楽しむのもオンラインでは難しいのが事実です。

しかし、そこは割り切って、本当にお気に入りの子がいるなら、実際にその子が在籍している店舗へ足を運べばよいのです。

都会に住む人がわざわざ地方へ足を運ぶのも、また地方に住む人がわざわざ都会へ足を運ぶのも、粋な大人の遊びと言えます。

なによりも、お気に入りのその子が、一番喜んでくれるのではないでしょうか。

男性客が少ない今がチャンス

オンラインキャバクラは、この世界に登場してから日が浅い新業態です。

知名度が上がってきたとはいえ、まだまだその魅力に気付いている男性は少ないのです。

その一方で、長引く自主休業の影響から、働く機会を失ったキャバ嬢は日本中に溢れています。

つまり、男性が少ないにも関わらず、女性が溢れているのです。

繰り返しになりますが、オンラインキャバクラの女の子は、本当のキャバクラに在籍しているキャバ嬢です。

その中には、お金を積んでもなかなかチャンスが巡ってこないような、人気の子も大勢います。

そんな手の届かない女性と、スマホ一つあれば1対1で繋がって二人きりの空間でおしゃべりを楽しめるのが、オンラインキャバクラなのです。

男性客が少ない今がチャンスです。

人気の子、ナンバーワンの子が、あなたのことをすぐに覚えてくれることでしょう。

オンラインキャバクラは、今がチャンスなのです。

2020年4月26日コラム


PAGE TOP